経営基本方針Management polisy

社  是  「安 全」
 「信 頼」
 「 和 」
 「そして挑戦」
経営理念 確かな技術で信頼に応える
経営基本方針 1.安全を最優先とする企業風土を構築する
2.コンプライアンスを重視した公正な企業運営を推進する
3.企業としての社会的責任を果たし地域の発展に貢献する
3.技術・技能の研鑽に努め鉄道保全技術を継承する
4.向上心が強くモラールの高い人材の育成を図る
中期経営計画
(平成31年~令和5年)
北海道の鉄道を継続できる保線体制の維持・確立
■保線工事元請一社体制の定着と安定的に工事を受注できる施工体制の構築
■人員・人材の確保
■機械施工の適用拡大による人力施工の低減
■JR北海道の経営改善に寄与するコスト削減の推進
重大事故を根絶する仕組みの構築
■事前に事故リスクを排除した作業計画の充実による計画的な作業の推進
■工事着手前の各種安全手続きの完全実施の徹底
■「3つの確認」の確実な確認方法の浸透
新幹線札幌開業への貢献
■北海道新幹線新設工事の体制確立
■北海道新幹線札幌開業後の施工体制の検討
働きがいを掴める仕組みの創出
■全社員から信頼される公正で遵法性の高いマネンジメントの推進
■保線・土木工事に誇りを持って取り組める就業諸制度の見直し及び教育の推進
■一緒に働く仲間と連帯感を持てる施策の推進
■働き方改革の確実な推進
丁寧できめ細かい鉄道土木施工技術の継承
■鉄道土木が求められる丁寧できめ細かい工事の実施によるJR北海道への貢献
■営業線近接土木工事の積極的受注による技術者の確保・育成

< ご挨拶     会社概要 >

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る