ご挨拶Greeting



北海道軌道施設工業株式会社
代表取締役社長  笠島 雅之

 私たち北海道軌道施設工業(株)は大きな変貌を遂げつつあります。一つは 数年前に直面した北海道の保線業務及び関係者の大きな危機を受け、徹底した安全性の向上と社員の意識改革を進めたことです。ニつ目は新幹線新函館北斗開業により、建設工事を完遂しただけでなく開業後のメンテナンス業務をも担うことになった事です。そして、三つ目は北海道で唯ーの保線工事の元請け会社になった事です。一つーつが大きなチャレンジでしたが、社員ばかりでなくパートナー会社を含めた関係者がー丸となって、これらの課題に取り組んできました。まだ課題はいくつかありますが、創立70周年を向かえ新しい北海道軌道施設工業(株)の形が出来上がったところです。
 私たちは更なる課題にチャレンジしています。一つは新幹線札幌開業に向けた工事とその後のメンテナンスの実施体制を築き、北海道唯一の元請け会社としての責任を果たしていくことです。二つ目は可能な限りの機械化を進め、社員やパートナー会社社員の安全性の向上と業務の軽減を図ることです。そして三つ目は、建設業の一員として確実に「働き方改革」の取組を実行し、働きがいのある会社にして行くことです。
 私たちは「北海道でオンリーワンの鉄道施設施工技術集団」として、これからも関係者全員が技術の向上に切嵯琢磨し、北海道の鉄道の安全・安定輸送を確保することを通じて、これからも地域社会に信頼され貢献出来る会社として取り組んで参ります。

経営基本方針 >

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る