環境方針/認証取得Environmental policy/Certification acquisition

環境マネジメントシステムの導入促進

北海道軌道施設工業株式会社では、環境に配慮した事業活動を推進するため、環境マネジメントシステムを推進しています。

環境マネジメントシステムとは

組織や事業者が、その運営や経営の中で自主的に環境保全に関する取組を進めるにあたり、環境に関する方針や目標を自ら設定し、これらの達成に向けて取り組んでいくことを「環境マネジメント」といい、このための工場や事業所内の体制・手続き等の仕組みを「環境マネジメントシステム」(EMS Environmental Management System)といいます。
環境マネジメントシステムの運用により、環境に配慮した事業活動が促進されるとともに、省資源や省エネルギーを通じた経費削減や、組織内部の管理体制の効率化にもつながります。

北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES)

国際規格であるISO14001を基本とし、多くの中小企業や各種団体等、多くの組織が容易に取り組める環境マネジメントシステムとして、北海道商工会議所連合会が中心となり、経済団体、環境関係団体、行政機関(北海道・札幌市)の協力を得て構築し、より分かり易く、より安価で、より取り組みやすくしたもので、環境保全活動と取組と経営の安定を支援するためにつくられた環境規格です。 この運営団体としてエイチ・イー・エス推進機構を設立し、HESの普及 啓発及び認証登録事業を実施しております。 HES登録審査員による審査後、中立的な立場である認証登録判定委員会で判定の上、認証登録される第三者認証です。

北海道軌道施設工業株式会社の環境に関する基本方針

環境に関する基本方針は→こちら

環境に関する基本方針

〈基本理念〉

 北海道軌道施設工業株式会社は、事業運営と地球環境の保全を両立し、住み良い北海道の地域社会を実現するために、対象組織(本店及び札幌工事所)における事務・管理部門が(以下同じ)一丸となって環境改善活動に取組みます。

(方  針)

 北海道軌道施設工業株式会社は、軌道及び土木等の工事施工並びに調査・設計等を管理・統括する本店及び札幌工事所における事務・管理活動に関する業務において、発生する環境影響を低減するために、次の方針に基づき、環境改善活動を推進します。

1. 当社の活動、製品及びサービスに関わる環境への影響を常に認識し、対象組織全てにおいて環境マネジメントシステムを継続的に改善し、汚   染の予防にも努めます。
2. 環境に関連する法的及び当社が同意するその他要求事項を順守します。
3. 当社の活動、製品及びサービスにおける環境活動項目(様式1)において、毎年実施される環境影響要因調査結果を反映し、環境改善活動の   重点テーマーとして取組みます。
4. この環境に関する基本方針は、対象組織全社員が理解し、行動できるよう周知徹底するとともに、社外にも公表します。

 この環境に関する基本方針を達成するために、環境目的、目標を設定し、対象組織をあげて環境改善活動を展開するとともに、定期的に見直しを実施します。

2005年6月1日  制 定
2015年4月1日 改 定
北海道軌道施設工業株式会社
代表取締役社長 笠島 雅之

※PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
 詳しくは、Adobe Reader ダウンロードページへ

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)に参加

「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」は→こちら

北海道軌道施設工業株式会社は、開発途上国の子どもたちにワクチンを贈り、子どもたちの未来を守る活動を行う民間の国際支援団体「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」に協力しています。

支援活動への参加方法

ペットボトルキャップ回収活動は→こちら

ペットボトルキャップ回収を通した寄付活動を行っています。

< 組織図/役員

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る